NEWS

Maki Shuno Exhibition

みなさん、こんにちは。
残暑厳しい8月末ですが夕暮れや夜の虫たちの鳴き声は秋を感じさせてくれますね。

8月26日(土)から秀野真希さんの展示を開催いたします。
試行錯誤しながら手を動かし続け、思考を常に漂わせている彼女の今がそこにあると思います。

初日26日(土)は秀野さん在廊してくださいます。

皆様ぜひお越しください。

-

Maki Shuno Exhibition

秀野真希は京都府の山間、南丹市で陶土で器と造形表現を行う作家だ。

彼女は幼少期から泥に触れ、まみれ、絵筆をのびのびと走らせて小さな体躯と心を目一杯大きく伸ばして日々を過ごしていた。

そういった環境の中にいる自分を喜ばせ、周囲を喜ばせていたことだろう。

徐々に社会というものに触れるにつけ、周囲と自分との違いに気がつくようになり自己や他者を意識するようになり、暮らしの中での社会への苛立ち、自己への苛立ちを内包しながら、自己と他者、自己と社会、自己と自然の狭間に、自分と自分の表現をどう置くのか、いや、どう突き刺すのかを試みている。

その行為は激しく突き刺すだけでなく、柔らかくしなやかな手段も含めての模索である。

作品からは健やかさや、ユーモアが見え隠れして苛立ちや迷いの中に自己を肯定し、小さな体躯と心、そして創造の手を目一杯広げている彼女がいるように感じられる。

そこには小さくない感動があり、心掴まれる創作がある。

秀野真希の表現の現在地を確かめにお越しください。

-

Maki Shuno Exhibition

会期|‪ 2023年8月26日(土)-9月5日(火)
11:00-17:00

店休日| 8月31日(木)

会場|archipelago
兵庫県丹波篠山市古市193-1
079-595-1071

電車:大阪駅よりJR福知山線古市駅より徒歩1分

車:舞鶴若狭自動車道三田西ICより20分
丹南篠山口ICより10分