NEWS

【展示】フランソワ・アラール 写真展「Saul Leiter」

フランス人フォトグラファー、フランソワ・アラール(François Halard )の展覧会「Saul Leiter」をarchipelagoにて開催致します。

フランソワ・アラールは1961年にフランスで生まれ、現在は南仏アルルとNYを拠点に、サイ・トゥオンブリーやルイジ・ギッリ、ルイーズ・ブルジョワ、リチャード・アヴェドンらのアトリエの撮影や、世界的なインテリア誌やファッション誌でのエディトリアルを数多く手がけるなど、世界で最も卓越した建築写真家の一人として評価を受けています。

今回アラールが撮影に訪れたのが、アメリカ人画家、写真家のソール・ライターのアトリエ。ライターがこの世を去って2年後となる2015年にイーストヴィレッジにあるライターのアパートメントを訪れ、朽ちた壁や空っぽのクローゼット、わずかに遺された私物などを撮影しました。その写真からは、ライター本人がどこかから出てくるのではないかと思うほどの臨場感や、その “気配” が漂っています。

昨年スウェーデンとパリを拠点とする出版社「LIBRARYMAN」より刊行された本シリーズをまとめた写真集「SAUL LEITER」の日本限定版として制作されたスペシャルエディションのプリント10点(各エディション10部限定)を展示販売いたします。

今回の展示に企画・協力いただいたtwelvebooks とarchipelagoで選書した関連書籍なども販売致します。

春風漂う心地よい季節を感じながら、是非ご高覧下さい。

——————————————————————
フランソワ・アラール 写真展「Saul Leiter」
‪2018年4月7日‬(土)ー4月23日(月)
会期中の店休日:‪4月10‬ 日(火)、‪4月17‬ 日(火)
‪営業時間:11:00-17:30‬

会場:archipelago
〒669-2123 兵庫県篠山市古市193-1
Tel: 079-595-1071
http://archipelago.me/
——————————————————————

【関連展示】
▶︎「ニューヨークが生んだ伝説 写真家ソール・ライター展」‪
4月7日(土)ー5月20日(日)| 伊丹市立美術館
▶︎フランソワ・アラール写真展「Saul Leiter」
4月27日(金)ー5月8日(火)| gallery 176 (大阪府豊中市)
▶︎ソール・ライターフェア
5月15日(火)ー6月10日(日)|梅田 蔦屋書店(大阪府北区)

キュレーション|LIBRARYMAN
企画|twelvebooks
協力|伊丹市立美術館、(株)コンタクト

プロフィール
フランソワ・アラール François Halard(写真家)
1961年フランス生まれ。ロバート・ラウシェンバーグ、サイ・トゥオンブリ、ルイーズ・ブルジョワから、近年ではルイジ・ギッリやリチャード・アヴェドン、ジョン・リチャードソンといったアーティストの自宅や有名建築など、自らをインスパイアさせる場所を撮影している。アメリカ版ヴォーグやヴァニティ・フェア、ニューヨーク・タイムズ、AD(Architectural Digest) やアパルタメント・マガジンなどで活躍し、世界で最も卓越した建築写真家の一人と評価されている。建物の歴史、インテリアや展示空間の小さなディテール、光と影によって作られる雰囲気、ポートレイトを撮っている最中のアーティストのふとした眼差しなどを捉えた作品は、多くの写真集や世界中のギャラリーや美術館の展覧会などで展開されている。http://francoishalard.com

Saul Leiter by François Halard



何もかも失われた後には何が残るのだろうか?



フランス人フォトグラファー、フランソワ・アラール(François Halard)の作品集。
アメリカ人画家、写真家のソール・ライター(Saul Leiter)が享年89歳で死去してから2年後の2015年、作者はイーストヴィレッジにあるライターのアパートメントを訪れ、朽ちた壁や空っぽのクローゼット、わずかに遺された私物などを撮影した。
ライターの作品は、55年以上暮らしたイーストヴィレッジと深い関係性があり、抽象的でありながら常にソウルフルなモノクロとカラー写真による作品は、まさに当時のストリートシーンの記録である。2006年に最初の写真集がSteidl社より出版されると「カラー写真のパイオニア」と称されるようになったが、彼自身はこう呼ばれることを好まなかったであろう。
ライターは、トーマス・リーチ監督による2012年のドキュメンタリー映画 「写真家ソール・ライター 急がない人生で見つけた13のこと (原題:In No Great Hurry 13 Lessons in Life with Saul Leiter)」で「何が写るかはわからないし 時間もかかる」と説明している。ライターの魂を捉えたアラールによる作品集「Saul Leiter」は、ページをめくるうちにライター本人がどこかから出てくるのではないかと思うほどの臨場感を伴っている。アラールは、ライターが残した作品をインテリアの一部として撮っているが、そこに写りこんだ身体や人々を除いては、美しいほどに何もない空間が続く。徹底的に人間や身体が排除されていることを特徴とするアラールの作品において、こうしたものが写し出されていることこそが最も意外な要素かもしれない。この作品集は、アラールからライターへのオマージュである。