NEW
石井直人/信楽壺
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/10

石井直人/信楽壺

残り1点

¥55,000 税込

送料についてはこちら

京都府京丹波町に登り窯を構える、 石井直人さんの信楽壺。 年に一度の登り窯により焼成しています。 その時の炎、土、人の意識により生まれた作品はそれぞれの良さがあります。 素焼きの壺は外の空気をうまく取り入れ呼吸するので、 貯蔵におすすめです。梅干しや味噌作り、野菜の保存に。 ただ在るだけでも存在感があります。 (※塩分の強いものは壺の表面から塩分が出てきます。拭き取ったり、敷物をご利用ください。) 石井直人 / 陶芸家 1954年 京都生まれ 1980年 広島大学総合科学部 安藤昌益研究 在学中より 環境問題の社会問題化に伴い「土」を探る。 1981−83年 広島県北部にて農耕生活 1984−87年 伊賀 土楽陶苑にて修行 1992年 京丹波町に原野を取得 開墾 1993年 庵、懐玄軒建設 1994年 登り窯を築く 古民家移築 初窯焼成 2009年 新工房 開設 日本国内の様々なギャラリーや百貨店などで発表、韓国ソウルにて個展 窯変の作品は 近年、欧州の美術愛好家などに評価されている。 《size》 外寸/直径:18.5cm×18.5cm、高さ20cm(蓋含む) 内寸/直径:14cm×14.5cm、高さ17cm 《material》 陶器 ※一点一点手作りのため、同じデザインでも風合い、色味、重さ、大きさが微妙に違います。 石井直人さんの作品は登り窯で焼成しており、窯変やヒビやざらつきなどもございます。 ご了承の上、ご注文ください。 これらの理由による不良品としての返品、交換はお受けできませんので予めご了承くださいませ。 ※ご利用のブラウザーやモニターによって実際の色と多少異なることを、予めご了承ください。